セックス前の準備・雰囲気づくり

照明の明るさはこうしてほしい!

アンケートを取ると、大半の女性が「セックスの雰囲気づくりは重要!」と答えます。これは女性がセックスに対して「愛情を感じる行為」だと思っているからです。
graf01
上の表を見てみると、女性は「暗い照明」が一番落ち着くという結果が出ています。男性から見ると、女性の顔や体がくっきり見えていたほうが興奮するかもしれません。

しかし女性は、自分の顔や体をジロジロと見られることを極端に嫌います。これは「恥ずかしい」という思いのせいです。恥ずかしいと思いながらセックスをすると、見られて恥ずかしくない反応しかしません。ところが照明を暗くしてセックスをすると、女性はとても開放的な気分になります。

感じたまま体をくねらせたり、声を出して全身で感じることができるんです。女性心理をうまくついて、より本能的な濃厚セックスを楽しめるようにしたいですね。

セックスの場所で好きなのは・・・

初エッチでもそうでなくても、女性にとってセックスの場所は大切です。場所=自分への愛情度、と感じている女性も多いですから、場所選びは適当にしてはいけません。
graf02
上の表を見てみると、「男性の部屋」「ラブホテル」が上位に来ています。

男性の部屋が最も多いですが、これは「男性の部屋に呼ばれたら覚悟しちゃう」「男性とDVD見ながらそのまま・・・なんて憧れる」といった、ドキドキ感がセックス気分を盛り上げてくれるからでしょう。

男性の部屋に呼ばれる=セックスするかも?と考えている女性が多いので、心と体の準備もできます。

次に多かったラブホテルでは、お互い一人暮らしでない場合や部屋を教えたくない場合(こんなこともありますよね・・・笑)に重宝されているようです。

あとは「清潔感がある」「ベッド・バスルームが広い」など、充実した設備から人気が高くなっています。お金がない男女はセックス場所に悩むこともあると思いますが、女性のことを考えたちゃんとした場所を使ってあげて下さいね。

服の脱がせ方はこれが理想!

服を脱がせる、これは女性にとって「恥ずかしいけどしてほしい」ことなんです。

恥ずかしがる女性の服を、一枚一枚丁寧にはぎ取っていく・・・こうすることでお互いの気分が上がり、いよいよ!という準備ができます。要するにお服を脱がせてあげるのも「雰囲気づくり」の一つなんですね。
graf03
上の表を見てみると、定番の「優しく」脱がすと同じくらいに「ちょっと強引に」の人気が高くなっています。これは女性の持っているM(マゾ)気質が、ちょっと強引にされたほうが燃える、という隠れた願望を表していると言えます。

乱暴ではダメで、あくまでも強引。「もう我慢できない」という風に急いでブラジャーを外し、パンティもするりと下げる。女性にとっては強引=魅力がある、と考える人も多いです。

女心はむずかしいですが、嫌よ嫌よも好きのうち、という言葉のように、女性にとっては優しいだけが魅力的なセックスではないことを覚えておきましょう!